ウイスキー工場の古材厚板が新入荷しました!

2019/06/19入荷情報

1795年から続く「Jim Beam」工場の構造材

0_img1_2.jpg
0_img1.jpg
2_img3.jpg
2_img2.jpg
0_img1_2.jpg
0_img1.jpg
2_img3.jpg
2_img2.jpg

アメリカのウイスキー工場で構造材として使われていた広葉樹の古材厚板が新入荷しました!
棚板・天板・家具・什器の材料や、床・壁・天井・ルーバーなどにお使いください。

当商品は、アメリカ中東部のケンタッキー州で、50~60棟のバーボン・ウイスキー工場が一斉に解体された大規模なプロジェクトの一部から生まれました。
バーボンの銘柄は1795年から続く「Jim Beam」です。
バーボン樽に欠かせない良質なホワイト・オークを育てる風土が、膨大な量の広葉樹を使用した贅沢な木造倉庫群を成立させていた理由の一つです。

広葉樹の古材は針葉樹と比べて数が少ないため、多くは本国の業者の手に渡りましたが、一棟のさらに一部にあたる量を運よく仕入れることができました。

■J.B. オーク/ヒッコリー/メイプル 2×8 (長さ2900~3000)