アメリカの納屋、赤いペンキの付いた外壁

2017/02/09スタッフブログ

雨風に耐え続けたサイディング材

rbsg_2.jpg
rbsg_4.jpg
rbsg_3.jpg
rbsg_5.jpg
rbsg_7.jpg
red_barn_img.jpg
rbsg_2.jpg
rbsg_4.jpg
rbsg_3.jpg
rbsg_5.jpg
rbsg_7.jpg
red_barn_img.jpg

アメリカの納屋の外壁として使われていたサイディング材。ペンキの剥がれや風化具合から最低50年は経過しているもので、赤いペンキが付いたものが入荷するのはめずらしいです。

所々に見られる傷、ひび割れ、ほぐれ、欠けなどは激しい雨風に耐え、納屋が建ち続けていた証拠。まさに自然のアンティーク、古材の醍醐味を味わえます。

左の一番下の写真は当店の本社、ミィーティング・ルームのスライド式のドアと壁に施工した例。右の一番下は洋書からの抜粋です。

※商品の詳細はこちらをご覧ください。