古材と鉄脚で棚を製作しました!

2017/08/21スタッフブログ

古材&鉄脚&ブライワックス

1_img.jpg
2_img.jpg
3_img.jpg
4_img.jpg
5_img.jpg
6_img.jpg
7_img.jpg
8_img.jpg
9_img.jpg
10_img.jpg
11_img.jpg
12_img.jpg
13_img.jpg
14_img.jpg
15_img.jpg
16_img.jpg
17_img.jpg
18_img.jpg
1_img.jpg
2_img.jpg
3_img.jpg
4_img.jpg
5_img.jpg
6_img.jpg
7_img.jpg
8_img.jpg
9_img.jpg
10_img.jpg
11_img.jpg
12_img.jpg
13_img.jpg
14_img.jpg
15_img.jpg
16_img.jpg
17_img.jpg
18_img.jpg

当店の商品、古材、鉄脚、ブライワックス(水性ステイン+ワックス)を使用して棚を製作しました!

【用意したもの】
■サンディング済み古材 (写真1)
■鉄脚 (写真2)
■水性ステイン (写真7)
■蜜蝋ワックス (写真10)
■ドライバー
■ネジ4×12mm、24本
■塗装用、スポンジ又は刷毛、スチール・ウール
■ワックス磨き用ブラシ、ウエス

製作手順を画像と共に説明していきます。

鉄脚のサイズは「奥行400×高さ400mm」です。棚板となる古材は「約 厚み20×幅190~200×長さ3000mm」を長さ4分割にカットし、長さ750mmを4枚作ります。鉄脚の上下に2枚づつ付ける構成です。(写真3,4)

下の棚は四隅が脚にぶつかる構造なので、予め20mmづつカットしておきます。(写真5,6)

次に棚板の塗装をします。最初に水性ステイン(ウッド・ダイ)で着色をします。使用カラーは高級感のある渋めの「イングリッシュ・ウォルナット」です。(写真7,8,9)

次にワックス(オリジナル・ワックス)を塗ります。カラーはほんのりこげ茶の「オールド・パイン」です。「スチール・ウール」を使用し、木に染み込ませるように塗ります。塗装後はブラシで擦った後、ウエスでよく磨きます。(写真10,11,12)

塗装が完了後、棚板を鉄脚に取り付けます。鉄脚を反対にして上、下の順で取り付けます。(写真13,14)

ネジを全て取り付けて完成しました!
サイズは「約 幅750×奥行400×高さ400mm」です。(写真15,16,17,18)