ミシガン・ダグラスファー・プランク 2×12

Michigan Douglas Fir Plank 2×12

およそ70年物の重厚なダグラス・ファー材

およそ70年物の重厚なダグラス・ファー材

SPFの規格材にもあまりない幅広・長尺の無垢古材

木端に残る「weyerhaeuser」(ウェアハウザー)製材所の名称です。

小口の風化具合も絵になります。

1900年から続くアメリカの木材関連企業「weyerhaeuser」の工場で使われていました。

製材所の内部、こちらで使われていた構造材です。

製材所の内部、こちらで使われていた構造材です。

img1.jpg
img3.jpg
img4.jpg
img5.jpg
img6.jpg
img7.jpg
img9.jpg
img8.jpg
img1.jpg
img3.jpg
img4.jpg
img5.jpg
img6.jpg
img7.jpg
img9.jpg
img8.jpg

品番:10002000136

適度な風化とブラウン色の扱い易い古材

およそ70年物の重厚な「ダグラス・ファー」古材厚板。棚板・天板・家具・什器の材料や床・壁・天井・ルーバーなどにお使いください。
約 幅280mm~、長さ3100mm~と、SPFの規格材にもあまりない幅広・長尺の無垢古材です。

長い時間をかけて変化した針葉樹らしいブラウン系で、サンディングするだけで充分に魅力のある表情に整います。内陸産のダグラス・ファーは他の針葉樹と比べて密度が高く、粘りとしなやかさがあり、その強さゆえ建物の構造材に多く用いられています。

出所はアメリカ中西部、五大湖と接するミシガン州。木端に残る「weyerhaeuser」(ウェアハウザー)の刻印は、1900年から今も続くアメリカ最大手の木材関連企業が製材した証です。

当商品は、その「weyerhaeuser」が自前の木材を使って建てた、巨大な製材所の解体現場から生まれたもの。個体によっては「MACHINED DATE 1950」というスタンプが見られ、1950年に製材されたことがわかります。年輪を見ると樹齢は少なくとも50年以上ですので、1800年代に芽吹き、1950年に製材され、60年以上を構造材として過ごした後、日本に辿り着いた歴史がうかがえます。

サイズ(mm) 約 厚み35~40×幅280~290×長さ3100~4600位
販売単位 m3 ※下記は1m3の価格です。販売は1本ごとの体積を0.01m3(立米)単位で計算します。
価格

453,600円(税込)

商品により、掲載写真とは異なる表情・状態の場合があります。在庫状況も日々変化しますので、詳細はお問い合わせください。

お問い合わせフォーム
材種 ダグラスファー
仕様 無垢古材厚板 【無加工・無塗装品】
硬度 硬 ○ ○ ● ○ 軟
耐久性 耐久性が高い材ですが、風化した古表面は鋭利な物で力を加えるとほぐれ易い。
不燃加工
■別途加工費を要します。
■加工には1ヶ月以上かかる場合がございます。
加工・塗装・仕上げ 詳細はお問い合わせくださいませ。
輸入国 アメリカ
納期に関して 詳細はお問い合わせくださいませ。
注意事項 ■商品より所々に釘が入っている場合があります。
■商品は古材である為、1枚1枚の表情や色合いは違います。
■商品は無垢材の為、「反り」「ねじれ」「ひび割れ」「傷跡」がある場合があります。
■風化した表面にはささくれがあります。素肌が触れるような場所には適しておりません。住宅の内装としてご利用されるには、十分な加工が必要です。