リクレイムド・メイプル・ボード (幅88)

Reclaimed Maple Board (W88)

経年により新しいウレタン塗装では出せない深いオレンジ色に変化しています。

1900年頃に建てられた紡績工場で使われていました。

傷や釘跡、退色や割れといった表情達が創り出すアメリカの歴史

傷や釘跡、退色や割れといった表情達が創り出すアメリカの歴史

板状です。サネは付いておりません。

裏面の様子

1900年頃の紡績工場の床材として使われていました。

建物の解体風景

img1.jpg
img2.jpg
img3.jpg
img4.jpg
img5.jpg
img6.jpg
img7.jpg
img9.jpg
img1.jpg
img2.jpg
img3.jpg
img4.jpg
img5.jpg
img6.jpg
img7.jpg
img9.jpg

品番:10000000062

歴史と共に変化した深いオレンジの古材

1920年頃、メイプル・フローリングといえば業務用工場などの床に張られていました。
現代と比べ当時は、流通のインフラ不備もあり、人々は総じて工場やオフィスがある複合施設を、都市部に建設していました。
その影響もありメイプル・フローリングは、アメリカ全土の大きな工場、学校、郵便局、その他多くの場所の床材として、アメリカの日常に深く溶け込んでゆきます。

しかし1939年に第二次世界大戦が始まると、慢性的な人手不足から床材の生産体制やコストを根底から見直す必要に迫られます。
1940~1950年の間、一工程で本実と床表面を製材できる製材機や人工乾燥の技術向上などで新たな開発や試みが行われ、ゴム製のクッションを下地材とする施工方法の考案もされました。

戦後その甲斐あって、学校建設の需要増加の恩恵もあり、メイプル・フローリング産業は息を吹き返します。
1970年代には、多目的スポーツ施設やバスケットボール・コートへの供給増加により、ハード・メイプル・フローリングに代表されるジム・フロアとして確固たる地位を確立し、今日に至ります。

長い過程の中で、工場や倉庫、その他多くの施設が建設され消えてゆきました。
その刻み込まれた傷や釘跡、退色や割れといった表情達が創り出す歴史こそ、このリクレイムド・メイプルであり、アメリカの歴史の一端ではないでしょうか。

【当商品に関して】

1900年、アメリカ・テネシー州「Jackson Fiber Company」。
後に「Bemis Cotton Mill」と呼ばれる紡績工場の床材として使われていました。

工場は敷地面積300エーカーあり、当時ではアメリカで最も多い数の21,000機の精紡機を有していました。

経年により新しいウレタン塗装では出せない深いオレンジ色に変化しています。
形状は板なので、当時張られていた床材風景が再現可能です。また面材としても使用可能です。

サイズ(mm) 約 厚み17~20×幅88×長さ乱尺 ※古材である為、サイズには誤差があります。
販売単位 1m2
価格

12,744円(税込)

商品により、掲載写真とは異なる表情・状態の場合があります。在庫状況も日々変化しますので、詳細はお問い合わせください。

お問い合わせフォーム オンラインショップで購入
材種 ハード・メイプル
仕様 無垢古材厚板
硬度 硬 ● ○ ○ ○ 軟
耐久性 高い
不燃加工 不可
輸入国 アメリカ
納期に関して 納期に関してですが通常の材料より日数が掛かります。
詳細はお問い合わせくださいませ。
注意事項 ■床での使用の場合、床暖房は「不可」です。
■サイズは若干の誤差がある場合があります。
■商品は古材である為、1枚1枚の表情や色合いは違います。
■商品は古材である為、「傷跡」「ひび割れ」「窪み」「欠け」「釘穴」などがあります。
■施工時に使用が出来ないと判断した場合は該当箇所をカットしてご使用ください。
■商品は無垢材の為、「反り」「痩せ」「ねじれ」があります。
■長年の使用による傷や剥がれあり、その部分がささくれになっている場合があります。
■フローリングとして使われていたた為、フィニッシュネイル(釘)が入っている場合があります。
■工場で使われていた為、所々に鉄粉が入っている場合があります。
■当商品は表面に黒く汚れた油分が付いています。これらは触ると汚れが移ってしまいます。また油特有の臭いが多少あります。